スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「都市再生」がまちをこわす―現場からの検証



国が定義する「都市再生」という言葉の意味がさっぱりわかりません.
と,はっきり主張している本です.

私の最寄駅に大きなマンションが建ちました.
・駅に直結していて,雨にぬれずに,きつい段差もなく駅に行けてアメニティが向上した.
・容積率緩和してくれた役所の御礼として,マンション回りに歩道を整備した.
そんな主張をしてくれそうなマンションです.
たぶん,こんあことが全国各地で行われていて,
鼻高々に都市再生しましたって言ってるんだろうと思うと,疑問を感じてしまいます.

スクラップアンドビルドじゃない時代を作るにはどうしたら良いのでしょうか?
日々,そのスクラップの部分の仕事をしているので,自己矛盾した考えですが・・・.

スポンサーサイト

明日の田園都市



有名ですよね,この本.
だけど今まで読んだことなかったのです.
そして,イメージと内容はかなりの相違がありました.経済色が強い.

おそらく時代的に,都市に人口が集積し過ぎてしまい,多数の人々にとって,労働環境や衛生面は最悪であったのであろう(現代もほとんど変わらない気はするが・・・).
どうやったら,‘都市から近い’田舎に雇用を創出し,幸せに住まうことができるかが,ロジカルに書かれている.

ただ,面積の単位とか現在換算したお金の価値がすっと頭には入ってこなく足踏みしてしまう.あと,翻訳も・・・・,誰か上手に訳して,

一度読んだだけではわからない部分が多かったので,また,日を改めて読みたいと思います.

「都市縮小」の時代



地方都市がどうやって生き残れば良いのか,常日頃から考えている.
考えれば考えるほど,この問題は難しい.
人口減少,産業の衰退,ニーズの多様化によるネット通販&郊外大型ショッピングモールの利用など,地方都市衰退の理由はいくつも挙げられ,どれから解決していったらいいのかもわからないし,おそらくこのような個々の問題に政策を打っていっても成功はしないであろう.

この本は「縮小都市」という一つの考え方を明示してくれた.
要は「成長の諦め」である.
役所が出す総合計画において,
10年後までに人口を何万人増やすとか,開発予定地になんちゃらを建てるとか,
それはこのご時世,夢物語でそれは政策ではなく夢であることに長らく気付かなかった行政のお粗末さについて,筆者は指摘している.
アメリカ,ヤングスタウンについて縮小を前提とした政策について書かれている.
お役所の都市政策課の方々には,是非,読んでみていただきたい.

後半でヨーロッパや日本についても事例を踏まえて記している.
わかりやすく,自分の地元の為に,試行錯誤しながら町の生活の質を上げていく様を描いている.
Smart Decline 賢い推定
City Glowing Smaller より小さく成長する都市
これらは今後,もっと重要なキーワードになっていくかもしれない.

GS群団総力戦 新・日向市駅―関係者が熱く語るプロジェクトの全貌 (単行本)



GS群団総力戦 新・日向市駅―関係者が熱く語るプロジェクトの全貌 (単行本)

とりあえず、この本を読んでから日向市駅を見に行こうと思い、
ものすごい勢いで乱読した。
著者はドラマチックに書くことを主眼に置き、
時系列でそれぞれの立場の方々がその時の様子、気持ちを綴った本でした。

少し、読みにくい。ころころ、ころころ文の担当者が代わり、出演者も多い。
「この人は誰だっけ?」って思うことが多かった。
しかし、困難に立ち向かい、良い駅を創るんだ、この街をなんとかするんだという熱い想いは伝わった。

ここからはこの本というよりも、実際に訪れた日向市駅の感想を。
衝撃でした。
杉をふんだんに用いた駅舎の和テイストが居心地を良く感じさせてくれる。
待合室に入った瞬間の杉の薫り。
杉の手すり、杉のポスター枠、杉のベンチ、杉の街灯、杉、杉、杉。。。。
いやー、スギ、スキっす。

疑問としては、人口規模に対し、これほどの大きな駅が必要であったのかということ。
3つ先の伝統建築物群保存地区である美々津駅は8畳ほどの木造の小屋。
もちろん無人駅。
杉を使った街づくりを市民にアピールするという意味でのインパクトは強烈であるが、
果たして公共事業としてのお金の掛け方のバランスはどうなのであろうか?

一人の建築物好きとしては最高ですが、
土木計画を勉強する身としてはって疑問だけです。
内藤さん大好きです。
プロフィール

yagi ryosuke

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1626位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
913位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。