スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争を知るための平和学入門



戦争はなぜ起こるのか?それを科学的に客観性を持たせて諸条件を求めていくのが平和学である。
著者は平和学者であり、平和主義者との区別をしっかりと持たせている。
平和学では戦争をすつことは人間の本能であり、それをなくすことはできないと考えている。
平和でないない状態がなぜ起きてしまい、それをどう解決するのか考えていくのである。

そもそも、戦争がいけないものだと考えるようになったのは20世紀「からである。
第一次世界大戦後、重慶やゲルニカの惨劇を見て、国際的に平和を求めるようになったのである。
そもそも平和な世界を作ろうという考え自体の時代が薄い。
そんな中、真の平和を実現することなんてまず不可能であろう。

この本で囚人のジレンマやチキンゲームなど、ゲーム論でおなじみの理論で、
核武装を表現していたが、実際にはそんな単純明確なものではないであろう。
核を捨てることができても、核を作る技術は捨てることができない。
本気だせば、いつでも核兵器作れるぜ!みたいな国とどうやって対等に付き合っていくか、第三世界の国々にとっては難しいことであろう。

最終章で述べていた「人道支援」なんて言葉を易々使うなという意見には大賛成です。
支援で、落ちてくるものはせいざいパンと毛布程度です。
爆弾を落とされるかもと暮らしている人々の恐怖は、その人々にしかわからないのです。
当事者が気の済むまで殺し合いをしない限りは、また、戦争の敵国が変わるだけでしょう。
英・独・仏は話し合いによる解決の手腕を持っている。それはいささか戦争に飽きたからであろう。

早くアメリカも戦争に飽きればいいのに。。。

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

オサマ・ビンラディン


エレーン ランドー (著)

世界平和について考えてみたい。僕たちは「オサマ・ビンラディン=悪」と考えてしまうが、イスラム原理主義者からすれば、世界中に蔓延り金儲けをしているアメリカこそが悪と考えるのである。

オサマはビンラディン建設というサウジアラビアではもの凄く金持ちの家に生まれた。この建設会社は、王家と繋がっており、国の仕事をいとも簡単に手に入れることができる。彼は若い時、ベイルートでかなり遊んでいたらしい。お金はあるし、よく写真を見るとかっこいいし、身長も高い。文句なしでもてたであろう。だけど、彼らは気付いてしまうらしい、西側の腐った世界に。

 オサマは、イスラムの文化を守るために金も命も架けて戦った。マネーがあるのに、イスラムの原理に従い、質素な暮らしをし、すべてをジハードに費やす。ジハードのために戦士を育て、科学者を引き抜く。イスラム世界から見たら、かなりのカリスマである。

 ここからは自分の意見。大前提として、罪のない人々を殺してしまうことはよくない、あたりまえだ。しかし、全世界どこにでも行ってそこの文化を壊しまくるアメリカ社会も考えものだ。核を片手に抱えながら・・・・。宗教に忠実に生きることは、決して悪いことではない。むしろ、自分が無宗教であることに疑問を感じることが多い。あー、唯一神アラーが「ジハードでの一日は、祈りを捧げる普段の一日の千倍の価値がある」など、言わなければ、世界はなんと平和なことであったでしょう。
プロフィール

yagi ryosuke

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
2383位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
1259位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。