スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジアに生きる子どもたち



アジア各国の児童労働や児童買春について、76ページと短くまとめられた本。

私はインドを訪れた際に多くのストレートチルドレンを目にした。
常にバクシーシ(施し)を求めさ迷っていた。
ビスケットをあげると、子どもたちはそれを一口も食べず走っていってしまう。
「ん?」と思って少し追いかけてみる。
彼らは親にそのままビスケットを渡しているのであった。

この本でも触れているように、
親たちが生活を豊かにするために娘たちを売春の道に走らせてしまう。
息子たちもそういう市場があるならば同様に。

親たちの意識改革、教育改革をしなければ、
貧困からは抜け出せない。

日本の援助も、日本の企業の為のインフラ整備がほとんどで、貧困からの離陸には役立っていない。
むしろ、都市と農村の格差を広げ、貧しい者がますます貧しくなってしまう。

日本の援助が日本に還元することは重要であると思うが、
日本の援助がますます貧困を深刻にしては意味がない。
子供たちに未来を与える為の援助をして欲しい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yagi ryosuke

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
2254位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
1182位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。