スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理性の限界



アロウの不可能性定理
ハイゼンベルクの不確実性原理
ゲーテルの不完全性定理

自分にとっては,どれも聞きなれないし,すごく難しそうに感じてしまうのですが,
この本では初心者向けにわかりやすく知的好奇心を促すように書いてくれています.
(ハイゼンベルクは理系じゃないと,わからないのかも)

わかりやすいが故に,その詳細まではわからない.
特に頭が混乱したのはゲーテルの不完全性定理.
自分のイメージ
「問題にはすべて真か偽で判別されるが,
あるシステムの中で矛盾がなければ,真か偽かの議論すらできない命題が存在する」.
果たして,自分のイメージはあっているだろうか?
この場で色々言っても墓穴を掘るだけだろうから辞めておこう.

ただ,この定理についてはすごく興味が抱けたので今後も何か読んで勉強してみたい.
おそらくこの本は,意欲を感化してくれる為の本だ.
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yagi ryosuke

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
2254位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
1182位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。